化粧下地のこだわりは肌色補正力

時間短縮のためにオンリーワンにします。


■時間短縮のためにオンリーワンにします。
 
化粧というのは毎日するものです。
仕事に行く人は特に化粧はなくてはならないものです。
化粧するのに何時間もかけてられないのが現実です。
今は薬局などに行くと一つのクリームで化粧下地が出来てしまうものが多くあります。
あまりに多くてどれがいいのか迷いますが、色々試してみて、自分に合ったものを選んで使うようにしています。
化粧下地の前の洗顔をしっかりとして、それから下地クリームを塗ってから
ファンデーションをするだけでメイクが完成するというほんとに簡単なものです。

お値段もピンキリです。たまにはいいものも使いたいと思い、
通販なんかの少しいい値段のものも昔使ったことがあります。
やはりとても使い心地は良かったです。
でも継続して使えるかというと、家計を預かる主婦としては無駄遣いかな~と思ってしまい、
薬局の普通くらいの値段のものになってしまいますが、悪くないです。
お手ごろに買えて、満足できるものなら十分だと思います。

ファンデーションの上に薄いピンクのチークを塗れば、見た目も普通になるので、
メイクの時間も20分くらいで完成です。
昔、若いころは一生懸命メイクしたものでした。
色んな乳液を使い、化粧器具も揃えて頑張っていましたが、今は時間短縮と楽という以外、何も求めません。
忙しい主婦は時間との戦いです。でも今の時代、ほんとにいいものがありますので助かります。
クリーム1つで4役も5役もしてくれる下地様様です。これからも愛用していきたいと思います。
 
 
 
 
 
■化粧下地のこだわりは肌色補正力
 
人によって最適の化粧下地は変わってくると思うのですが、
私は肌がくすんでいることや肌に透明感が無いことがコンプレックスでもあり悩みなので、
肌を明るく見せてくれたり、肌色の補正力に優れた化粧下地を選ぶことにしています。

無色透明タイプの化粧下地ではなく、肌を少しでも明るく見せられるように
ホワイトやピンク系のベースを買うことが多いです。
肌を綺麗に見せるといえばファンデーションが大切なイメージが有るかもしれませんが、
化粧下地で肌色を明るく整えておくことで、断然ファンデを重ねた時の肌の質感明るさ輝き
変わってくるからです。

ただ、乾燥肌なので肌色が綺麗に見える化粧下地であっても、
保湿力が良くないと日中非常につらい思いをすることになります。
職場は空調が非常によく効いているオフィスで、よく冷房や暖房の風が顔にあたるので、
肌の乾燥を感じることも多いです。

そこで、私は保湿効果が高い化粧下地を必ず選ぶことにしており、
ヒアルロン酸など保湿成分が入っている化粧下地を好んで買うようにしています。

乾燥肌の人は、皮脂対策などであまり保湿力がない化粧下地を選んでしまったり、
非常に日焼け止め効果が高い化粧下地を選んでしまうと、肌がだんだん乾燥してきて突っ張ったり、
肌の負担を感じることも増えるので、セラミドやヒアルロン酸などが配合されていたり、
なるべくしっとりとした使用感の化粧下地を選ぶのがおすすめです。

また、化粧下地を選ぶ時にはテスターをして顔の肌との馴染みや伸びの良さを確認するようにしたり、
丁寧に肌によく伸ばして馴染ませることも大事です。
私はいつも保湿力が良く、肌色をなるべく明るく透明感あるように見せられる化粧下地を買うことにしてます。
 
 
■美肌メイクの鍵は下地選びにあり
 
メイクと言うと目力アップのためにマスカラやアイシャドウなどに力を入れている人は多いと思うのですが
メイクの成功は肌にありと言えるのではないかと思います。

肌がきれいなら他に少しくらい欠点があったってなんとかなります。
もっと言えばメイクの成功は美肌作り、そして化粧下地にありだと言えます。
それなのに意外とみんなファンデーションにはお金をかけても化粧下地には無頓着だったりします。

化粧品を買いに行くとこのファンデーションにはこの下地で、、
みたいな販売のされ方がよくされているのに気が付くと思います。
そしてほとんどの人が何の疑いもなくファンデーションと下地をセットで買って行きます。
下地なんて所詮は下地でファンデーションのノリを良くしてくれるだけのものみたいに思われてますが
下地選びがメイクの仕上がりを大きく左右してくるんです。まずは自分の肌の色を知って下地の色を選ぶことが大切です。

赤ら顔の人は赤みを抑える下地をポイントで使うとか、透明感が欲しいひとは
青みかかった下地を使うなど自分の肌の色を知っておくことがポイントです。
それから肌の状態も下地選びでは需要な点です。
若くて肌の皮脂分泌な方はオイルコントロールしてくれる下地がいいでしょうし
年齢を重ねて少し肌が疲れている人にはくすみを抑えて元気に見せてくれるピンク色タイプの物がいいでしょう。

後は下地を顔の部分別に使い分けることです。
鼻すじやおでこなどの高く見せたい所にはハイライト効果のある下地を使うといいでしょう。
この様にメイクの成功は美肌にあるのです。そして美肌作りは下地選びから始まっているのです。



下地クリーム・シルキーカバー・シルキーカバーオイルブロック